◆ Eggs Benedict ◆ Sept. 22, 05

e0075343_12311028.jpg

ニューヨークのブランチには定番のエッグベネディクト。
マフィンの上に、カナディアンベーコン、ポーチドエッグ、ホーランディーズソース
(卵黄、バター、レモン汁)がかかっていて、このコンビネーションが絶妙に美味しいのです。

早速、歴史を調べてみた所メニューができた由来が2つ。
1つは1860年代に Delmonico’s レストランのシェフが常連客のMrs. LeGrand Benedict の為に
何か新しいランチメニューをと考えて作った説。

で、もう1つは1894年、Wall Street のブローカーだった Mr. Lemuel Benedict が
二日酔いで苦しんでいる時に NYのWaldorfホテルのシェフに頼んで特別に作ってもらったメニュー説。
このこってりしたソースを二日酔いで食べるのは辛いんじゃないかなぁと思うんだけど、
どちらにしてもBenedictさんに感謝ですね。

この写真は美味しいパンケーキで有名なClinton Street Baking のエッグ ベネディクト。
スキャリオン(万能ねぎ)のアクセントが効いていて美味しかった~。他のテーブルでは
パンケーキとエッグベネディクトをオーダーしてシェアしている人たちが…。
その気持ちとっても良くわかります。
-------------
Clinton St Baking Co & Restaurant
4 Clinton St
New York, NY 10002
(646) 602-6263

人気blogランキングへ
[PR]
by thompson28 | 2005-09-22 12:13 | NYのレストラン


<< ◆ Fried Shrimp ... ◆ Cheese &Crack... >>