2005年 12月 05日 ( 1 )

◆ Di Palo's of Little Italy ◆ Dec. 5, 05

e0075343_623655.jpg

こってりしたカルボナーラが食べたいな~と思い、リトルイタリーまで買い物に。
e0075343_6303035.jpg
イタリアンの食材を買うにはこの「Di Palo's」と決めています!
食材はいつも新鮮。プラス お店の人の対応がメチャメチャ親切!
楽しんで接客しているのが伝わってくるんです。

早速、このお店5代目のオーナーDi Paloさん(写真上) に
カルボナーラに入れる塩豚バラ肉を聞いてみました。 
グアンチャーレ (Guanciale)か パンチェッタ(Pancetta) が
良いとのアドバイス。

グアンチャーレ(頬肉=トントロですね!)の方が脂身が多く、
パンチェッタ(お腹の部分)よりも、こってりカルボナーラには
ぴったりとのこと。

e0075343_628156.jpg
今回は残念ながらグアンチャーレが品切れだった為、
パンチェッタ (220g/$3.50)を購入。 

そして、パルメジャーノ レジアーノ (Parmigiano Reggiano)。
この大きさで買いたい... 。260g ($7)にしておきました。

せっかく来たので、カラスミも買っておこうと、
またまたDi Paloさんに質問。



e0075343_6182773.jpg

カラスミ (イタリア語:ボッタルガ Bottarga) は
ボラ(Mullet) とツナ の2種類。

いつもボラを買うので ツナってどんな感じかな~?っと
聞いところ、奥から出してきて試食もさせてくれました。
この丁寧さ、ホントに感動です。 (写真右)

ツナのカラスミは、ボラよりサイズが断然大きく、味もしょっぱい!
シシリー地方で良く食べられていて、スライスしオリーブオイルをかけ、
カルパッチョで食べたり、パスタにのせるそうです。

e0075343_619851.jpg

パウンドの値段も同じだったので、やっぱり塩味控えめなボラを買いました。
大きさも直径17cmと大きく、値段は$22。奮発!! (写真左)

その他、6ヶ月熟成のマンチェゴチーズ(150g/$3)を買って...
あ~今晩の夕食が楽しみ~♪

お店の外観はこんな感じ。リトルイタリーと言うより、場所はほとんど
チャイナタウンなので、お店の横には漢字の看板みえますよね。

週末は混雑しているので、平日に買い物に行くのがオススメ。

e0075343_783882.jpg



Di Palo Fine Foods, Inc.
200 Grand Street (at Motto St)
New York, NY 10013
(212) 226-1033

人気blogランキングへ
[PR]
by thompson28 | 2005-12-05 05:33 | NYの暮らし